AnyConnectとASUSがよりスマートなカメラAIをEdgeに搭載

AnyConnectのSmarter Camera PlatformとASUSのTinker Edge Tは、エッジ推論でAIカメラネットワークを実現

2020/01/06


2020年1月6日 - ラスベガス(米国ネバダ州)

AnyConnectとASUSは本日、Wi-Fi、4G、5Gネットワーク向けにエッジのAIを搭載したスマートカメラプラットフォームがご利用いただけることを発表しました。AnyConnect Smarter Camera PlatformとASUS Tinker Edge Tを組み合わせることで、セキュリティ、輸送、リテールなどの市場でAIカメラの開発が可能になります。

“Gartner Researchのシニアリサーチディレクターであるステファニー・ バグダサリアン氏は「スマートカメラは今後3年間で5G IoTソリューションの最大の市場であり、5G IoTエンドポイント全体の70%を占めるでしょう」と述べています。

AnyConnect Smarter Camera Platformは、AIカメラ用のアプリケーション・イネーブルメント・プラットフォーム(AEP)です。AIとWi-Fi、4G、5Gネットワークからの安全な接続を組み合わせて、カメラネットワークで即時の決定、通知、アクションを可能にします。AnyConnectは、AIモデルのOver-the-Air(OTA)プログラミング用のAIコンテナーを備えており、セキュリティ、輸送、リテールなどで柔軟なカメラのユースケースをサポートします。AnyConnectは、Google Edge TPUやTensorFlow Liteなどの標準のAIアクセラレーターとフレームワークもサポートしています。

ASUS Tinker Edge Tは、AIアプリケーション向けに設計されたシングルボードコンピューター(SBC)で、Google Edge TPUを搭載しています。AnyConnectとASUSは、セキュリティカメラ、ダッシュカメラ、ボディカメラなどのAIカメラフォームファクターのリファレンスデザインを提供します。

プラットフォームとデータのAnyConnectディレクターであるクロード・ホシュロイティナー氏は、次のように述べています。「AnyConnectは、Wi-Fi、4G、5Gネットワーク上でAIと安全な接続を組み合わせてスマートカメラネットワークを実現します。弊社のAIコンテナとOver-the-Air(OTA)プログラミングは、AIモデルをエッジに展開してセキュリティ、輸送、リテールなどで柔軟なカメラのユースケースを実現します。そして今、Tinker Edge Tにより、AnyConnectとASUSは、セキュリティカメラ、ダッシュカメラ、ボディカメラなどのAIカメラのフォームファクターを可能にしました。」

AnyConnectは、AIモデルのOver-the-Air(OTA)プログラミング用のAIコンテナーを備えており、セキュリティ、輸送、リテールなどの柔軟なカメラのユースケースをサポートします。また、AnyConnectは、Google Edge TPUやTensorFlow Liteなどの標準のAIアクセラレーターとフレームワークもサポートしています。