製造現場をよりスマートに

エッジコンピュータ+クラウド+独自のAIソリューション

ASUSのIoTソリューションは、AIによる単一資産の予知保全、AIによる自動光学検査、生産最適化、監視および物理的脅威の検知など、製造過程への適用や重要な事例に合わせてカスタマイズされています。これらのソリューションによって、コストの削減、安全とセキュリティの向上、品質保証の改善、法令遵守の促進などを図れます。また、総合設備効率(OEE)を向上させることで効率を高め、最終的には利益の向上をもたらします。

ASUS IoTでは、スマート・マニュファクチャリングの適用により、製品戦略として次の3種類の製品をご用意しております:
1) エントリーモデル:ARMベースのクアッドコアプロセッサーを搭載。電力消費と演算能力のバランスのとれたモデル。
2) ドルレンジモデル:インテル® Core™ i 15W CPUを搭載。より多くのインターフェースを備え、演算能力が強化されたモデル。
3) ハイエンドモデル:インテル® Core™ i 35 & 65W CPUを搭載。グラフィック、I/O、AIアクセラレータカード用の3つのPCIe拡張スロットを装備したモデル。

PE100A

PE100AはIoTエッジゲートウェイのエントリーモデルで、pico-ITX SBCとI/Oボードを内蔵しています。ゲートウェイは主にコンピュータやデバイスの近くに設置され、データの収集、データの前処理、フィルター、PLCプロトコル変換などを行います。そのため、必要なデータのみがノースバウンドに送られます。

PE200シリーズ

PE200はエッジアグリゲーターで、ネットワークトポロジーの第2層に配置できるよう、より強力な演算能力を持つインテル® Core™ i 15WまたはATOMプロセッサーを採用しています。エッジアグリゲーターは、ゲートウェイから収集したすべてのデータを集約するために用いられます。

PE400D

PE400Dシリーズは、インテル®第10世代Core™ iおよびXeon® プロセッサーを搭載しています。通常、このエッジサーバーはコントロールセンターに配置され、パワフルな演算性能と、AIアクセラレータカード、グラフィックカード、I/Oモジュールカードなどの拡張性を備えています。そのため、工場のOEEを表示することや、すべてのアグリゲーターやゲートウェイから収集したビッグデータをリアルタイムでAI分析することが可能です。PE400Dは多くのデータや情報を同時に扱うため、サーバーの安定した運用を保証するために、IEC 61000-6-2/4重工業認証を取得しており、最大の電気ノイズ耐性を備えています。