ASUSがTinker Edge Tを発表

AIアプリケーション用のシングルボードコンピューターは、Google Edge TPU、ARMプロセッサー、高度な電源設計、およびシステムセットアップがツールを備えています。

2020/01/07


2020年1月7日 - 台北(台湾)

ASUSは本日、AIアプリケーション向けに特別に設計されたシングルボードコンピュータ(SBC)であるTinker Edge Tを発表しました。これには、処理効率を高速化し、電力需要を下げ、接続されたデバイスとインテリジェントアプリケーションの構築を容易にする機械学習(ML)アクセラレータであるGoogle Edge TPUが搭載されています。このオンボードMLアクセラレータにより、Tinker Edge Tは1回の計算でわずか0.5ワットを使用して1秒あたり4テラ操作(TOPS)を実行できます。また、TensorFlow Liteモデル用に最適化されているため、一般的なMLモデルを簡単にコンパイルして実行できます。

NXP i.MX 8Mプロセッサー

強力で最新のクアッドコアARMベースのNXP i.MX 8Mプロセッサーを備えたTinker Edge Tは、グラフィック、マシンビジョン、ビデオ、オーディオ、音声、安全性が重要なアプリケーションのために強力なソリューションを提供します。Tinker Edge Tは、1GBのLPDDR4デュアルチャネルメモリと第4世代の低電力DDR DRAMテクノロジーを備え、システムのパフォーマンスと効率を向上させるために高速化と消費電力の低化を実現しています。Tinker Edge Tは、オンボードの8GB eMMCおよびSD 3.0インターフェースも備えており、OS、アプリケーション、およびファイルストレージの読み取り・書き込み速度を大幅に高速化します。

高度な電力設計

ほとんどのSBCマザーボードは15ワット(5V 3A)の電力設計しか提供していないため、複数のデバイスが接続されているとデバイスとシステムが不安定になる可能性があります。他のSBCには、I/Oポートのパフォーマンスを低下させる電源設計があります。Tinker Edge Tには、DCヘッド電源とともに最大45ワットの電力を供給する特別な電源設計があり、複数のデバイスが接続されていても安定したシステム動作と完全なI/Oパフォーマンスを実現します。さらに、供給される電流と電圧が大幅に変化すると、専用の電源保護設計が自動的に有効になり、ボードと接続されているすべてのデバイスを効果的に保護します。

開発者向けのその他の接続オプション

Tinker Edge Tは、ディスプレイとタッチスクリーン用のMIPI-DSI接続を1つ、互換性のあるカメラ用のMIPI-CSI接続を2つ含む豊富なI/Oインターフェースを備えており、深度測定、スマート自動販売機QRコード支払いシステム、およびインタラクティブ広告などのアプリケーションでコンピュータービジョンを実現します。

Tinker Edge Tの手軽にビルドできるデザインは細部にこだわった多くの機能をメーカーに提供し、初心者からベテランのビルダーに優れた体験をしていただけます。プログラマブルLEDにより、メーカーはシステム通知やステータスインジケーターなどのカスタム照明動作を開発でき、色分けされたGPIOヘッダーによりそれぞれのピンヘッダーを簡単に認識できます。

Tinker Edge Tは、フルサイズのHDMIポート、USB Type-A、USB Type-C、ギガビットLAN、インターネットおよびネットワーク接続用の統合型のWiFiとBluetoothも備えています。

マルチプラットフォームのツール

ASUSは、画像分類やオブジェクト検出などのアプリケーションでユーザーが機械学習モデルをTinker Edge Tに簡単に展開できる堅牢なAPIとSDKを提供します。さらに、Tinker Edge TにはクロスプラットフォームのOSのFlashtoolが付属しており、SDカードやUSBドライブへのOSでイメージをフラッシュすることが容易になり、ユーザーがシステムを迅速に稼働できるようにします。