ASUSがGoogleのCoralとのパートナーシップを発表

Computex 2019でAIに焦点を当てたアライアンスが、ASUS Tinker Edge TおよびEdge TPU搭載のGoogleのCoral SOMを備えた産業用SBC CR1S-CM-Aを発表

2019/05/24


2019年5月24日 - 台北(台湾)

ASUSは本日、新しいAIoT事業部門とGoogle Coralのパートナーシップを発表しました。これは、消費者およびビジネスのニーズに合わせたオンデバイスのAIソリューションを生み出すために組まれた2つのチーム間のパートナーシップの最初のステップとなります。

Coralは、ローカルAIでデバイスを構築するためのハードウェアコンポーネント、ソフトウェアツール、およびコンテンツのプラットフォームです。デバイス上のAIアプリケーションのアイデアをプロトタイプから生産まで簡単に実現できるように設計されています。最初のCoral製品は、低電力デバイス向けに高性能の機械学習(ML)推論を提供する、小型の特定用途向け集積回路(ASIC)であるGoogleのEdge TPUを使って構築されています。ASUSは、Computex 2019で披露されるEdge TPU搭載のCortexのSOMのパワーを活かしたTinker Edge TとCR1S-CM-A産業用シングルボードコンピューター(SBC)の2つの新製品を開発しました。TinkerEdge Tはメーカーや学生向けに設計されたAI開発キットで、スマートホームデバイス、カメラ、ゲームエミュレータ、メディアサーバーなどのAIを活用したプロジェクトを構築できるようにします。CR1S-CM-A産業用SBCは、Edge TPU搭載のCoral SOMを使って構築された組み込み型フォームファクタのベースボードであり、AIを活用したビジネスインテリジェンス、キオスク、サイネージ、セキュリティソリューションを提供する垂直使用のために設計されています。

ASUSとGoogleは、Coralを2019年後半に発表予定の他のASUS製品に統合できるように協力しています。

Tinker Edge T

TinkerEdge Tはメーカーや学生向けに設計されたAI開発キットで、スマートホームデバイス、カメラ、ゲームエミュレータ、メディアサーバーなどのAIを活用したプロジェクトを構築できるようにします。これは、ステレオスコピックアプリケーションを開発するための2つのMIPIカメラシリアルインターフェイス2(MIPI CSI-2)コネクタ、便利な外部電源とリセットボタン、3つのプログラム可能なLEDを備えています。オプションのI/O拡張モジュールとケーブルは、追加のオーディオ機能およびサードパーティの周辺機器との接続機能を提供します。

CR1S-CM-A産業用SBC

ASUS CR1S-CM-A産業用SBCは、Edge TPU搭載のCoral SOMを使って構築された組み込み型フォームファクタのベースボードで垂直使用のために設計されており、ビジネスインテリジェンス、キオスク、サイネージ、セキュリティなどの高性能で低電力のAIソリューションの開発を可能にします。コンソールおよびサイネージアプリケーションのデュアルディスプレイサポート、オンボードM.2拡張スロット、Power over Ethernet(PoE)IPカメラおよび現実世界のイベントを検知して反応するための分離を備えた複数のデジタルI/O( DIO)コネクタなどのデバイス用の電源供給装置(PSE)を搭載したギガビットイーサネットを備えています。