iot

ASUS IoT PE200Uインテリジェントエッジコンピュータ、キオスク端末によるスマートホスピタル・サービスを促進

2022/04
Industry | Healthcare

活用事例

ヘルスケアとIoTに精通した専門チームとして、中国で医療機器やビッグデータ解析を提供するお客様をご紹介します。 同社の事業の本質は、医療・健康データの高速チャネルを構築し、医療データの生成、確認、品質管理、流通、ファイリング管理、産業利用など、あらゆる重要なデータリンクを開くことです。また、患者の医療データと実用化の間の相互作用の障壁をなくすことも目指しています。そして、医療データを循環させることが真の価値を生むと考えています。

同社は、院内ワークフローの最適化、研究能力の向上、大規模な患者データベースの構築などを目指し、IoT時代の新しい医療エコシステムを確立しようとしています

課題

処理能力の不足により、顧客ニーズを満たせない

ResearchAndMarketsによると、中国のキオスク市場は2019年に87億4000万米ドルとなり、2025年には147億1000万米ドルに達すると予想されています。このような需要の高まりは、キオスクサービスの利便性と価値の両方がより広く受け入れられるようになったことに起因しています。この背景には、多くの要因があります。まず、多くの事業者は、単に初期投資と諸経費が少ないという理由から、従来の店舗よりもキオスクを選びます。また、キオスク端末の技術力が向上し、小売から医療までさまざまな用途に活用されています。

中国では、患者のカルテ、検査報告書および画像を病院から入手することができます。このプロセスを自動化し、効率を最大限に高めるために、同社は、患者が自分のデータの入った光ディスクを購入できるセルフサービスキオスクを設計しました。しかし、現在の組み込み型コンピュータの性能、高コスト、長納期では、病院のニーズを満たすことはできませんでした。

解決策

医療データの管理・分析を効率的に行うことができる産業グレードの性能

ASUS IoT PE200Uは、医療用途向けの高品質でTCOに最適化されたソリューションを代表するインテリジェントエッジコンピュータです。特に、PE200Uの高性能と静音性は、病院のような環境に最適です。ファンレスのサーマルソリューションで冷却しながら、CPU使用率100%を実現できます。最大6つのCOMポート(RS-232/422/485 × 2)やHDMI/DPを含む複数のインターフェースによるデュアルディスプレイ構成など、多様なI/Oインターフェースや内蔵CPUにより、キオスクサービスの需要に応じてシステムを拡張できます。また、Windows 10対応およびデュアルストレージ設計により、スムーズなOS、多様なアプリケーションプログラム、患者データの処理を実現します。

さらに、12-24Vの幅広い電源入力と-20°~60°の動作温度を備えたPE200Uは、それぞれの医療環境に適応する最適な性能と柔軟性を確保するため、充実した機能を提供します。優れた安定性と信頼性に加え、ASUS IoTの世界トップクラスのアフターサービスと長期可用性を保証するPE200Uは、病院内のキオスク端末に最適です。

これらすべてのことが、検査報告書や情報のエクスポートなどの医療データにアクセスしやすくなり、データ処理の改善につながる結果となりました。また、高度な情報収集によって、患者さんのデータをビッグデータ解析に活用し、将来の医療診断や医療提供に役立てることも可能になりました。

成果

数百台の医療データ・セルフサービスキオスクの導入に成功し、ホスピタル・エクスペリエンス(病院体験)を最適化

結果として、PE200Uの優れた処理能力と安定した製品品質により、同社のキオスク・ソリューションを導入した中国の病院は、患者さんに自分の個人情報を迅速かつ効率的に入手できるセルフサービスシステムを提供できるようになりました。同時に、本システムにより、当社のお客様は、設備コストとメンテナンスコストの両方を削減することができました。

ASUSは、互換性のあるRAMのQVL(Qualified Vendor List)の提供と併せて、導入前に徹底的なテストを行うことで、スムーズなシステム統合を実現しました。また、全国的な保守・サービス体制により、いつでもどこでもお客様のご要望にお応えできるようサポートします。最後に、ASUSは世界的なテクノロジー企業として、お客様に必要なコンポーネントを適時提供し、お客様の成功に貢献することをお約束します。

シェア